に投稿

自動契約機でキャッシングの申し込みをする手順

キャッシングの申し込みは、最近はインターネットを利用した申し込みが主流となっていますが、自動契約機を利用した場合には、その場でカードが発行されますから、その日にATMでお金を引き出すことができます。

ただ、自動契約機に入るところを、知り合いに見られる可能性もありますから、事前にインターネットで申し込みをした後、自動契約機でカードを発行すると、より短時間で作業を済ませることができますから、おすすめです。

自動契約機は、その場で申し込みからカード発行までを行うことができますが、使ったことがない人は自動契約機がいったい何なのかわからないかもしれません。

自動契約機は、ATMのような形状をしていて、タッチパネルで操作するタイプの機械がほとんどです。

身分証明書などの書類を読みとるためのスキャナーやカード発行をする機械なども備えられています。

自動契約機は、あらかじめ予約などは必要ありませんが、仕事が終わる時間帯などには混雑しますから、即日融資を受けたい場合には、できるだけ午前中に申し込みを行った方が安心です。

申し込みで入力する情報は、氏名や住所、年収、勤務先、雇用形態、勤務年数、居住形態、現在の借り入れ残高などで、消費者金融であれば、最短30分で審査は終了します。

に投稿

学生でもキャッシングを申し込む事が出来るのか?

キャッシングについての質問の中でも多いものの1つに「学生でもキャッシングに申し込めるのか?」というものがありますが、この質問に関する答えは「申し込むことは可能」となります。

一般的にキャッシングの申し込み資格者は「20歳以上で安定した収入がある方」となっているので、基本的に20歳以上の学生であれば申し込むことは可能となります。18〜19歳の学生に関しては未成年ということもあり申し込みが不可な会社が多く、申し込みが可能な会社でも親権者の同意と実際に借り入れの際には連帯保証人となってもらうことが条件となっています。

また、申し込み資格者の条件に「安定した収入」という言葉があることから、アルバイトをしていないと申し込めないと思われがちですが、実は会社によってはアルバイトをしていなくても申し込むことが可能となっているのです。そのような場合には本人や親権者の返済能力や返済財源が総合的に判断され合否が決定することになります。

その他にも、学生がキャッシングを申し込む際はほぼ全ての会社で返済が滞った時の連絡先として親権者の連絡先を伝える必要があります。その為、返済が滞り本人と連絡が取れなくなった時には親権者に連絡が入ることになります。

に投稿

キャッシングの借入限度額について

初めてキャッシングの申し込みをするときは、利用限度額を低めにした方が審査に通りやすくなります。限度額が高くなると審査基準もそれに伴って高くなります。キャッシング初心者には借り入れ実績がないので、信用評価もあまり高くありません。なので初めは借り入れ限度額を低くして審査に通りやすくした方がよいでしょう。

また借入限度額50万円以下なら収入証明の提出がが不要です。限度額50万円を超えると源泉徴収票や給与支払明細書などを用意しないといけないので面倒です。50万円以下なら運転免許証などの本人確認書だけで契約できるので手間もかかりません。

つまり希望限度額を低めにすると、審査の通りやすさと契約手続きの簡単さという2つの点で有利になります。

利用限度額を多くしたいときは、キャッシングを利用して借入れと返済の実績を重ねると、信用評価が高くなって増額融資に応じてもらえるようになります。限度額の増額融資の審査に通るには、返済日に遅れずに毎月返済して、少なくとも6ヶ月以上の利用実績が必要です。

また借入れもこまめに回数を重ねると評価が高くなっていきます。消費者金融系では最高限度額は500万円となります。ただ総量規制により、年収の3分の1を超える借り入れはできない点は押さえておく必要があります。

に投稿

キャッシングに不安を感じている方へ 審査や金利

キャッシングと言うと、どうしても不安を感じてしまう方もおられると思います。そうした方向けにご参考になればと思い、説明させて頂きます。まず審査についてですが、現在働いていて安定した収入がある方は身分証明書や給与明細などを提出すれば、特別に大きな金額でなければ審査には通ると思います。

非正規雇用の方でもそれら書類を提出すれば、審査に通る可能性は高いです。重要なのは、現在働いていて収入を証明出来る書類を出せるかどうかですから。(過去5年間に滞納や債務整理などをされている方は除きます。)
審査の段階で職場への在籍確認の電話を気にされる方もおられますが、電話は個人名でかかってくるので消費者金融業者からの電話である事は伝わりません。もし本人が不在の場合は、電話をとった方が「今は席を外しています。」と言われた時点で在籍確認はとれます。

次に金利についてです。規制が行われる前までは大手消費者金融(アコム、アイフル、プロミス、レイク等)は年28%だったのですが、規制後の今は年18%と10%も下がっています。

この事からも、規制前と比べるとキャッシングをするリスクが大幅に減っている事が分かります。計画を立てて無理の無い金額でしたら安全に返済出来る契約内容になっています。
どうでしょうか?キャッシングをお考えの方のご参考になれたら幸いです。