に投稿

プロミスのおまとめローンの特徴や注意点

プロミスでは複数社からの借り入れの完済を目指すのに便利なおまとめローンというローンの取り扱いがあります。プロミスのおまとめローンの特徴や注意点などを確認していきましょう。

・貸付条件

2018年12月3日時点で融資限度額は300万円まで、実質年率は6.3%から17.8%とされています。なおこのローンは無担保ローンであるため連帯保証人や担保は不要です。

・総量規制対象外

プロミスのおまとめローンは例外的に総量規制対象外とされています。そのため借り換え金額の総額が年収の3分の1を超えていても利用可能です。

・ネット申し込みは不可

おまとめローンは店頭窓口や自動契約コーナーから申し込みを行う必要があります。ネット申し込みには非対応である点に要注意です。

に投稿

審査のプロは嘘や異常を見抜く!虚偽申告と事件も未然防止!

大手消費者金融のカードローンであれば、インターネットから申し込みのほかに無人契約機で手続きを行うといった方法があります。特に急に現金が必要という際には、無人契約機を利用するのは便利です。しかし、最近では無人契約機で虚偽申告や異常を見極めるプロがいます。

また、中小消費者金融でも窓口で異常を察知し、振り込め詐欺を防いだり、事件に巻き込まれている申し込み者を判断しています。例えば、恐喝行為によりキャッシングを迫られた場合でも無人契約機を利用することで、助けを求めることができます。

また、マルチまがいやねずみ講そして詐欺といったことについても申し込み段階で手助けを行ってくれます。特に恐喝行為により、現金を要求されている場合、無人契約機は完全密室となり、利用者以外の入室は不可能です。契約ルームのだけでなく、入り口やその中間のスペースにも監視カメラが設置されており、異常を監視しています。

例えば、無人契約機で助けを求めた場合、オペレーターは無人契約機の設置場所を把握し、速やかに警察に通報することができます。警察立ち寄り所となっているケースも多く、借り入れだけでなく事件に巻き込まれそうになった際でも無人契約機は有効に利用することができます。

に投稿

ネットキャッシングをする時はどのような注意点があるの?

WEB完結申込を採用している業者が増えてきていてネットキャッシングをする事が出来る時代になっています。その影響でキャッシングの利便性が高くなったため利用しやすくなったという声もよく聞かれます。しかしネットキャッシングをする時は注意したい点もあるのでしっかり確認しておきましょう。

ネットキャッシングをする時はすべての手続きがネット上で行われます。そのため申し込みをする時に分からない事があった場合は自分で調べなければいけません。またホームページで必要項目を間違えて入力してしまうとその後の手続きで問題が発生して契約完了まで時間がかかってしまいます。お金を借りる事が出来るのも遅くなるので申し込みをする時に必要項目を正確に入力するようにしましょう。

に投稿

キャッシングの返済もアプリで管理

キャッシュレスが進む現代ですが、すべてのお店でカードや電子マネーが使えるわけではないですから、現金もある程度は手元に残しておきたいと思うものです。カードや電子マネーと違い、現金はお札を崩せばお金を使ったという感覚が必ず生まれるものでもありますから、ちゃんとお金を使った、という感覚を失わないためにも現金決済はいいものです。

また、小さな屋台などであれば現金でないと物が買えないこともあるでしょう。ですから現金が手元にない時であればキャッシングも利用してみましょう。キャッシングは返済計画さえきちんと立てていれば継続して利用できますし、問題もないものです。もし自分で返済期限を管理できないということであれば、いつも持ち歩いているスマホのアプリで管理してみるのもおすすめです。

に投稿

アルバイトでキャッシングするなら安定した収入を!

アルバイトでも入院してしまって、急にお金が必要になってしまうことがありますね。

誰にも話せず、家族にも迷惑をかけたくないときに利用したいのが企業のキャッシング制度です。

その際に銀行から借りるのか、消費者金融から借りるのかが重要になってきますね。

銀行は信用のない人にはお金は貸しません。

審査が下りにくいんですね。

消費者金融なら若干審査が甘いので借りやすいです。

アルバイトやパートでもオススメできる消費者金融はアイフル・アコム・プロミスあたりでしょうか。

プロミスは若干金利が高いので、アイフルかアコムを推奨します。

50万円までは収入証明書を出さなくても借りれますが、借りすぎ防止のために、自分に足りない分のお金だけを借りるようにしてください。

借金を全額返済するまでは仕事を辞めないことも大切です。

に投稿

手当たり次第に申し込みしていませんか?

キャッシングに対する正しい知識を持ってい無い方がやってしまうこととして、審査に通過できる可能性を高めるため、手当たり次第に申し込みしてしまうことがあります。しかし、これは審査通過の可能性を高めるどころか、申し込んだ先に対して警戒を与えることになります。

インターネットで検索すると、『申し込みブラック』といったことを目にします。今では、多重債務防止のため、債務超過に陥る可能性がある申し込みは審査落ちになります。手当たり次第に複数社申し込みすることは、お金に困っていると見做され、返済できない可能性があると判断されています。

1社の審査に落ちたからといって、契約できないといった規則はないものの、2社目でも審査落ちした場合はリスクが高いと判断される可能性があるため、手当たり次第の申し込みは絶対に避けましょう。

に投稿

主婦におすすめのカードローンを紹介

家計を管理することが多い主婦がカードローンを契約しておけばいざという時に窮地を凌ぐことができます。初めてカードローンを利用する主婦に特におすすめなのが楽天銀行のカードローンなのですが、なぜ同社のカードローンが主婦におすすめなのかを解説していきます。

・来店不要で契約できる

ネット銀行のカードローンなので来店不要で契約できます。人に知られずに契約ができるので近所の目が気になる人でも全く問題ありません。

・主婦でも契約しやすい

楽天銀行カードローンは継続的な収入があればパートやアルバイトをしている非正規雇用の主婦でも問題なく契約できます。また継続的な収入がない専業主婦でも夫に安定した収入があれば契約可能となっています。

に投稿

怖いカードローン破産!同じ借り入れでも住宅ローンと自動車ローンとは性質が異なる!

以前は、消費者金融のキャッシングローンが自己破産増加の要因となり法規制が厳しく行われ、昨今では銀行カードローンも減少に転じていた破産者の増加要因とされています。その結果、銀行カードローンも審査の厳格化が行われることとなりました。

しかし、一見すると住宅ローンや自動車ローンに比べ、カードローンなどは借入額が少ない、同額でも返済が容易と感じてしまうことがあります。確かに、200万円のキャッシングと同額の自動車ローンでは借り入れしている金額の面では同じものです。

しかし、自動車ローンの場合、所有権がローン会社にあり、万が一の際には自動車を回収し同時点での価値分を相殺するため、実質的には借り入れしている金額はカードローンよりも少なくなります。一方、カードローンは自由に使える分、処分できる資産を明確にすることができず、結果として相殺処理が出来なくなります。住宅ローンや自動車ローンなどの高額融資とは実際に異なる点を理解して、リスクを考慮した利用が重要です。