に投稿

むじんくんで申し込む時の2つの注意点

アコムは無人契約機のむじんくんで申し込みをするとキャッシングカードが発行されるので即日融資を受ける事が出来ます。しかしむじんくんで申し込む時に注意したい点もあるので確認していきましょう。

・本人確認書類を必ず持参する

アコムは申し込みをする時に本人確認書類の提出が必要になっているので運転免許証、健康保険証、パスポートなどどれか一つを持参しなければいけません。また借入希望額が50万円以上になる時は源泉徴収票など収入証明書の提出も必要になるので持参する必要があります。

・土日祝日に申し込む時は在籍を証明する事が出来る書類を持参する

むじんくんで申し込みをして土日祝日に即日融資を受ける時は在籍を証明する事が出来る書類を持参する必要があります。審査で勤務先に電話をかけて在籍確認をしますが、土日祝日の場合は勤務先が休みで電話が繋がらない可能性があります。それで在籍を証明する事が出来る書類を提出する事で在籍確認をしてもらう事が可能です。

に投稿

金利が高いのをうまく低くする方法

金利の高いキャッシングですと返済が苦労するようになるわけですが、キャッシングの金利をうまく低くする方法は主に2つあります。

一つは金利の低いところに借り換えることです。 金利が低いところに借り換えをすることです。

高いところからの借り換えはおまとめローンが主体でありますが、そうでない場合でも利用できないわけではありません。

もう一つは、上限金額を上げることです。 借入限度額が上がれば適用金利が下がるわけですが、

返済をしっかりとやったとしても借入限度額を上げるのは時間もかかりますし、属性や収入次第では結構厳しいところもありますので、

なかなか利用できない可能性もあります。

双方とも苦労はしますが、全く金利を下げる方法がないわけではありません。

に投稿

消費者金融の振込キャッシングで即日融資を利用する

キャッシングで振込融資を利用するときは、そのときの時間や曜日によっては即日融資ができないということも考えられますので注意しましょう。振込キャッシングはインターネットの会員ページやフリーダイヤルなどから申し込みができますが、申し込みをしたその日に入金するのか、銀行の翌営業日に入金するのかは、いつ振込申請したかで変わります。

平日の14時頃までなら即日で入金することが多いですが、15時以降になってしまった場合は、土日に振込申請をしたものは、翌営業日に入金しますので注意しましょう。大手の消費者金融では土日でも夕方以降でも当日に入金する振込キャッシングのシステムが利用できるということもありますので活用しましょう。

に投稿

キャッシングの限度額は増やすことができる

キャッシングは、限度額の範囲内で借入と返済を繰り返していきます。限度額は、最初の審査の時点で、その人の合わせた金額が設定されることになりますが、その後、増やしていくことも可能です。

限度額を増やす為には、増額審査を受けることになります。しかし、この増額審査は最初の審査よりも厳しくなることが一般的です。増額審査では、これまでの利用状況や、最初に審査を受けた時点と比べて返済能力が上がっているかどうかなどを確認することになります。その為、初回は簡単に通ったのに、増額審査では落ちてしまうということは珍しくありません。

少しでも審査に通りやすい状態を作りたいのであれば、返済能力を証明できる利用実績を作っておく、収入などの条件が良くなってから審査を受けるということが有効です。

に投稿

消費者金融の申込方法の選び方について

消費者金融は店頭窓口、自動契約機、ネットなどいろいろな申込方法があります。それでどの方法で申し込めばいいのか悩んでしまう人も少なくありません。そこで消費者金融の申込方法をどのように選べばいいのか見ていく事にしましょう。

・不明な点が多い時は店頭窓口

初めて消費者金融でキャッシングをする時は分からない事が多いです。それで申し込みをする時にスタッフに質問した方がスムーズに出来ます。不明な点が多い時はスタッフがいる店頭窓口で申し込みをするのがオススメです。

・今すぐお金が必要な時は自動契約機

金欠の状態になっていて今すぐお金を借りたい時に消費者金融を利用する事も多いでしょう。そんな時は自動契約機で申し込むのがオススメです。自動契約機で申し込みをすると審査が最短30分で回答されて可決されると契約手続きをする事が出来ます。それで契約が完了するとその場でカードが発行されるので今すぐお金が必要な時にしっかり対応する事が出来ます。

・家族に内緒にしたい時はネット

消費者金融でキャッシングをする時は家族には知られたくないものです。しかし店頭窓口や自動契約機で申し込みをするとカードや自宅への郵送物でバレてしまう可能性があります。しかしネットで申し込みをするとWEB完結になるのでカード発行不要で自宅への郵送物もなくなります。

に投稿

アルバイトがキャッシングを受ける際の注意点

アルバイトをしている方で、どうしても急なお金が必要になったら困りますよね。

そんな場合、キャッシングの利用を検討するかと思います。

しかしアルバイトの稼ぎでもキャッシングの審査に通るのか、不安を感じている方も多いかと思います。

基本的に成人していて、定期的な安定収入さえあればお金を借りることが可能になります。

ですので、真面目にアルバイトをしている方であればまず問題ないでしょう。

しかし、注意が必要になるのが借入限度額です。

アルバイトの場合、一部の例外を除いて正社員に比べて収入は抑えがちですよね。

さらに信用の問題も、やはりアルバイトは正社員に比べたら劣ってしまいます。

なので審査の通過は問題ないけれど、借入額の大きさはあまり期待できないと言えますね。

このように、例えアルバイトでも安定した収入が見込めていれば審査に落ちる心配もありません。

大きな額を望んでいないのであれば、まったく問題ないと言えるでしょう。

もし数百万円といった高額なお金が必要な場合は総量規制に引っかかってしまいます。

昨今は正社員でなくアルバイトで生活している人も多いので、気になる問題ですよね。

借入限度額が気になる方は、事前に金融会社に確認すると良いでしょう。

に投稿

自動契約機でキャッシングの申し込みをする手順

キャッシングの申し込みは、最近はインターネットを利用した申し込みが主流となっていますが、自動契約機を利用した場合には、その場でカードが発行されますから、その日にATMでお金を引き出すことができます。

ただ、自動契約機に入るところを、知り合いに見られる可能性もありますから、事前にインターネットで申し込みをした後、自動契約機でカードを発行すると、より短時間で作業を済ませることができますから、おすすめです。

自動契約機は、その場で申し込みからカード発行までを行うことができますが、使ったことがない人は自動契約機がいったい何なのかわからないかもしれません。

自動契約機は、ATMのような形状をしていて、タッチパネルで操作するタイプの機械がほとんどです。

身分証明書などの書類を読みとるためのスキャナーやカード発行をする機械なども備えられています。

自動契約機は、あらかじめ予約などは必要ありませんが、仕事が終わる時間帯などには混雑しますから、即日融資を受けたい場合には、できるだけ午前中に申し込みを行った方が安心です。

申し込みで入力する情報は、氏名や住所、年収、勤務先、雇用形態、勤務年数、居住形態、現在の借り入れ残高などで、消費者金融であれば、最短30分で審査は終了します。

に投稿

学生でもキャッシングを申し込む事が出来るのか?

キャッシングについての質問の中でも多いものの1つに「学生でもキャッシングに申し込めるのか?」というものがありますが、この質問に関する答えは「申し込むことは可能」となります。

一般的にキャッシングの申し込み資格者は「20歳以上で安定した収入がある方」となっているので、基本的に20歳以上の学生であれば申し込むことは可能となります。18〜19歳の学生に関しては未成年ということもあり申し込みが不可な会社が多く、申し込みが可能な会社でも親権者の同意と実際に借り入れの際には連帯保証人となってもらうことが条件となっています。

また、申し込み資格者の条件に「安定した収入」という言葉があることから、アルバイトをしていないと申し込めないと思われがちですが、実は会社によってはアルバイトをしていなくても申し込むことが可能となっているのです。そのような場合には本人や親権者の返済能力や返済財源が総合的に判断され合否が決定することになります。

その他にも、学生がキャッシングを申し込む際はほぼ全ての会社で返済が滞った時の連絡先として親権者の連絡先を伝える必要があります。その為、返済が滞り本人と連絡が取れなくなった時には親権者に連絡が入ることになります。

に投稿

キャッシングの借入限度額について

初めてキャッシングの申し込みをするときは、利用限度額を低めにした方が審査に通りやすくなります。限度額が高くなると審査基準もそれに伴って高くなります。キャッシング初心者には借り入れ実績がないので、信用評価もあまり高くありません。なので初めは借り入れ限度額を低くして審査に通りやすくした方がよいでしょう。

また借入限度額50万円以下なら収入証明の提出がが不要です。限度額50万円を超えると源泉徴収票や給与支払明細書などを用意しないといけないので面倒です。50万円以下なら運転免許証などの本人確認書だけで契約できるので手間もかかりません。

つまり希望限度額を低めにすると、審査の通りやすさと契約手続きの簡単さという2つの点で有利になります。

利用限度額を多くしたいときは、キャッシングを利用して借入れと返済の実績を重ねると、信用評価が高くなって増額融資に応じてもらえるようになります。限度額の増額融資の審査に通るには、返済日に遅れずに毎月返済して、少なくとも6ヶ月以上の利用実績が必要です。

また借入れもこまめに回数を重ねると評価が高くなっていきます。消費者金融系では最高限度額は500万円となります。ただ総量規制により、年収の3分の1を超える借り入れはできない点は押さえておく必要があります。

に投稿

キャッシングに不安を感じている方へ 審査や金利

キャッシングと言うと、どうしても不安を感じてしまう方もおられると思います。そうした方向けにご参考になればと思い、説明させて頂きます。まず審査についてですが、現在働いていて安定した収入がある方は身分証明書や給与明細などを提出すれば、特別に大きな金額でなければ審査には通ると思います。

非正規雇用の方でもそれら書類を提出すれば、審査に通る可能性は高いです。重要なのは、現在働いていて収入を証明出来る書類を出せるかどうかですから。(過去5年間に滞納や債務整理などをされている方は除きます。)
審査の段階で職場への在籍確認の電話を気にされる方もおられますが、電話は個人名でかかってくるので消費者金融業者からの電話である事は伝わりません。もし本人が不在の場合は、電話をとった方が「今は席を外しています。」と言われた時点で在籍確認はとれます。

次に金利についてです。規制が行われる前までは大手消費者金融(アコム、アイフル、プロミス、レイク等)は年28%だったのですが、規制後の今は年18%と10%も下がっています。

この事からも、規制前と比べるとキャッシングをするリスクが大幅に減っている事が分かります。計画を立てて無理の無い金額でしたら安全に返済出来る契約内容になっています。
どうでしょうか?キャッシングをお考えの方のご参考になれたら幸いです。

に投稿

銀行カードローンでは申し込みブラックとなる期間が異なる!

申し込みブラックとは、一定期間内に複数の金融機関に対し、キャッシングやローン契約をすることで生じる問題です。これは、多重債務防止を目的としており、消費者を守るものでもあります。一般的にキャッシング契約は、前回の申し込みから6ヶ月以上経過していることが重要とされているものの、この6ヶ月というのは株式会社シー・アイ・シーおよび株式会社日本信用情報機構の情報保有期間となっています。

ここで注意しなければならないのが、全国銀行個人信用情報センターの情報保有期間であり、照会記録情報は『当該利用日から1年を超えない期間』となっています。つまり、全国銀行個人信用情報センターの情報照会が行われる銀行カードローンやフリーローンの場合、1年以上は新規申し込みを避ける必要があります。

消費者金融の場合、全国銀行個人信用情報センターのセンター会員ではないため、他2機関の6ヶ月になるものの、情報保有期間が異なることを理解しておくことが重要になります。

もし、銀行カードローンの審査を過去に落ちてしまった方は、次回申し込みは大手消費者金融のカードローンを検討することが得策となります。銀行カードローンやフリーローンについては、消費者金融のカードローンとは別と考えるのがおすすめです。

に投稿

キャッシングの際は、返済方法を確認してから申し込むことが大切です

初めてキャッシングを申し込む場合、最も気になるのは金利です。一般的に、キャッシングの金利は、銀行<大手消費者金融<中小の消費者金融の順で高くなっていきます。

また、大手消費者金融のプロミスやアコムなど、初めての契約に限って30日間無利息サービスを行っているところもあるので、利用の仕方によってかなり利息を抑えることも可能です。銀行や大手消費者金融の場合は、ホームページで返済シミュレーションができるので、いくら借りたら、どれだけ利息がつくのか、前もって確かめることができます。

ここで注意をしたいのは、初めてのキャッシングでは利息にばかり目がいってしまいますが、返済の際に利用できるATMや利用手数料、振込手数料などもしっかりと確認してから申し込む必要があるという点です。

大手消費者金融は比較的選択の幅が広く、手数料無料で利用できるATMも多くなっていますが、中小の消費者金融でのキャッシングは、ATMの利用ができないので、返済の度に振込手数料がかかる等、結果としてトータルの返済金額も高くなってしまう場合があります。

自宅や職場の近くに手数料無料で利用できるATMがあるのか、銀行口座からの引き落としでの返済は可能か等、返済方法は利息と同じくらい重要な確認事項であることを忘れないようにしたいものです。

に投稿

即日キャッシングをするなら消費者金融を使うしかない?

急にお金が必要になってしまった時に力になってくれる強い味方がキャッシングサービスです。特に「即日」と謳っているサービスであれば、その名称の通り申し込みをしたその日にお金を手にすることが出来るため、非常に頼りになるでしょう。

ただし、即日キャッシングをするとなると、消費者金融会社を利用するしかないのでは?と思われている方も多いのではないでしょうか。お金は必要だけれども、出来ることなら消費者金融ではなく他の所から借りられたら…という考えもあるかと思います。即日キャッシングは、消費者金融に限ったサービスではなく、銀行カードローンでも取り扱っている所があるのです。

注意点としては、どの銀行でも即日キャッシングのサービスをお行っている訳ではないということ、さらに取り扱いをしている銀行でもその銀行の口座開設が必要だったり、口座だけではなくカードを発行しなくてはならなかったりといったケースもあります。

銀行カードローンで条件が合わなければ消費者金融を検討することになるかと思いますが、最近ではクリーンな業者がほとんどですから極端に心配することはありません。大手の消費者金融会社ですと、銀行系のグループ傘下になっている所もあるので、安心して利用できます。

に投稿

主婦でも出来るキャッシングの注意点とメリットについて

お金が必要になることは誰でもあることですが、働いている人はもちろんですが、主婦でもお金が急に必要になるという事があると言えます。主婦であればキャッシングが出来ないと思っている人も多いと思いますが、主婦でもキャッシングを利用する事が出来ます。

主婦でもキャッシングが出来ますが注意点としては、パートやアルバイトをしていて、継続的に収入がある人に限るという事が一般的です。キャッシングをしたいと思う時には急いでいる時が多いので、親しみのある銀行のカードローンも使用する事が出来ますが、その場合には、消費者金融でキャッシングをする事が良いです。

消費者金融でキャッシングするメリットとしては、即日融資などが可能になるので、利用しやすいと言えます。キャッシングは主婦でも利用する事が出来ますが、注意点としては、聞いた事がない会社からの融資や金利が高い会社での利用は避ける事が良いです。

主婦でもお金の借り入れは出来ますが、返済のプランを考えて利用する事が肝要と言えます。家族にバレないように借りたいなどの心配もあると思いますが、多くの会社がバレないようなキャッシングの仕組みになっている事が多いので安心して利用する事が出来ます。

に投稿

お金を借りるには?キャッシングの返済時期などについて

キャッシングの返済というのは、基本的にお金を借りるから次月に開始になります。ですから、すぐに、その月の内に返さねばならないわけではないです。その点は心配することはないでしょう。つまりは、返済の猶予があるわけですから、上手く計画的に活用すれば生活資金などにおいてキャッシングは非常に有効的である、といえるでしょう。

まさに魅力的なサービスになります。ですが、こちらも当然ですが金利が発生してきます。ですから、大抵のところがやっている無利息キャンペーンなどを利用すればとりあえず最初の月、或いは数ヶ月は無利息で借りることができる可能性がありますから、そちらも意識して借りる業者を決めるとよいでしょう。

お金を借りること自体、かなり大変なことではあるのですが、審査のハードルが最も低いのがキャッシングサービスといえますから、まずはすぐにお金が必要になったのであればキャッシングを利用するようにしましょう。

最近ではクレジットカードから、或いはキャッシュカードから、ということも出来るようになっていますし、選択肢は非常に多くなっています。返済の時期を把握して、キチンと計画的に活用することによって、とても生活に役立つサービスとなるのです。