に投稿

福岡県における貸金業者事情について

福岡県は基本的に九州の中心地でありますので、大手の消費者金融でも銀行でも多数進出していますし、

中小の消費者金融や地銀も多数あるといっていいでしょう。

貸金業者の登録件数も全国で3番目のレベルにあるほどで、それだけかなり多くの業者が競争状態にあるといえます。

やはり人口も多い地域ですので、顧客獲得の争いも活発になっているものだといえます。

金利面については若干全国的な平均と比べると高めになっているようで、中傷の消費者金融が多いことや

顧客獲得争いが多いからこその数字と思います。

お金は借入しやすいので、場所や方法はそれほど選ぶようなことはないでしょう。

九州地方の人は、福岡県で借り入れをするとやりやすいのではないでしょうか。

に投稿

駅前の金融ビルの中から最適なカードローンを選ぶには?

都会の駅前には様々なクリニックが入っているクリニックビルや、スナックやラウンジ等が入ったスナックビルがあるように消費者金融が入った金融ビルがあります。一見固まっているので便利のように思えますが、全部を利用するのは愚の骨頂ですし、どこを選ぶのか迷ってしまいます。

金融ビルにはたいていアコム・プロミス・アイフル・レイクが入っています。この中でレイクのみ銀行カードローンですが実態は消費者金融です。この4社の中でどれがオススメかと尋ねられたら、正直似たようなものなので答えに窮してしまいます。初めてなら無利息サービスがありますし、金利もほぼ横並びで変わらないからです。

融資をお急ぎなら即日融資ができないレイク以外を選べばいいでしょう。あとはお持ちの銀行口座によって選べば借入が楽です。例えば楽天銀行ならアコム、三井住友銀行やジャパンネット銀行ならプロミスが相性が良いです。

に投稿

飲み代や旅行の費用などで学生でもお金を借りたくなる

飲み代や旅行の費用などで学生でもお金を借りたくなる時がありますね。しかし学生の場合は社会人と比べるとキャッシング枠は当然低くなります。働いていないので当然ですね。クレジットカードを作った場合、キャッシング枠は最低ラインの10万円に設定されることが多いです。一方、学生が信販系カード会社でキャッシング専用のカードを作るとどれぐらいの枠になるでしょう。

基本的には最高で50万までと考えるとよいでしょう。

信販系カード会社では総量規制といって年収の3分の1がキャッシング可能な金額となっています。

学生の場合ですと基本無収入として計算されますが、アルバイトをしたとしても月に10数万程度、年間で150万程度ということで3分の1の50万が枠となります。

ところで、50万以上の金額を借り入れたい場合の方法ですが、カード作成の際に前年度の収入証明を提出し、それが150万を超えていれば50万以上の枠ができる可能性が高くなります。

もちろん、前年度の収入ですから継続して長期のアルバイトを行う必要がありますし、親御さんの収入証明でも認められません。

学生も信用が第一。もしものために長期でアルバイトをしておくのも意外と必要なことといえそうです。

に投稿

キャッシングの限度額は増やすことができる

キャッシングは、限度額の範囲内で借入と返済を繰り返していきます。限度額は、最初の審査の時点で、その人の合わせた金額が設定されることになりますが、その後、増やしていくことも可能です。

限度額を増やす為には、増額審査を受けることになります。しかし、この増額審査は最初の審査よりも厳しくなることが一般的です。増額審査では、これまでの利用状況や、最初に審査を受けた時点と比べて返済能力が上がっているかどうかなどを確認することになります。その為、初回は簡単に通ったのに、増額審査では落ちてしまうということは珍しくありません。

少しでも審査に通りやすい状態を作りたいのであれば、返済能力を証明できる利用実績を作っておく、収入などの条件が良くなってから審査を受けるということが有効です。

に投稿

アルバイトがキャッシングを受ける際の注意点

アルバイトをしている方で、どうしても急なお金が必要になったら困りますよね。

そんな場合、キャッシングの利用を検討するかと思います。

しかしアルバイトの稼ぎでもキャッシングの審査に通るのか、不安を感じている方も多いかと思います。

基本的に成人していて、定期的な安定収入さえあればお金を借りることが可能になります。

ですので、真面目にアルバイトをしている方であればまず問題ないでしょう。

しかし、注意が必要になるのが借入限度額です。

アルバイトの場合、一部の例外を除いて正社員に比べて収入は抑えがちですよね。

さらに信用の問題も、やはりアルバイトは正社員に比べたら劣ってしまいます。

なので審査の通過は問題ないけれど、借入額の大きさはあまり期待できないと言えますね。

このように、例えアルバイトでも安定した収入が見込めていれば審査に落ちる心配もありません。

大きな額を望んでいないのであれば、まったく問題ないと言えるでしょう。

もし数百万円といった高額なお金が必要な場合は総量規制に引っかかってしまいます。

昨今は正社員でなくアルバイトで生活している人も多いので、気になる問題ですよね。

借入限度額が気になる方は、事前に金融会社に確認すると良いでしょう。

に投稿

銀行カードローンでは申し込みブラックとなる期間が異なる!

申し込みブラックとは、一定期間内に複数の金融機関に対し、キャッシングやローン契約をすることで生じる問題です。これは、多重債務防止を目的としており、消費者を守るものでもあります。一般的にキャッシング契約は、前回の申し込みから6ヶ月以上経過していることが重要とされているものの、この6ヶ月というのは株式会社シー・アイ・シーおよび株式会社日本信用情報機構の情報保有期間となっています。

ここで注意しなければならないのが、全国銀行個人信用情報センターの情報保有期間であり、照会記録情報は『当該利用日から1年を超えない期間』となっています。つまり、全国銀行個人信用情報センターの情報照会が行われる銀行カードローンやフリーローンの場合、1年以上は新規申し込みを避ける必要があります。

消費者金融の場合、全国銀行個人信用情報センターのセンター会員ではないため、他2機関の6ヶ月になるものの、情報保有期間が異なることを理解しておくことが重要になります。

もし、銀行カードローンの審査を過去に落ちてしまった方は、次回申し込みは大手消費者金融のカードローンを検討することが得策となります。銀行カードローンやフリーローンについては、消費者金融のカードローンとは別と考えるのがおすすめです。

に投稿

主婦でも出来るキャッシングの注意点とメリットについて

お金が必要になることは誰でもあることですが、働いている人はもちろんですが、主婦でもお金が急に必要になるという事があると言えます。主婦であればキャッシングが出来ないと思っている人も多いと思いますが、主婦でもキャッシングを利用する事が出来ます。

主婦でもキャッシングが出来ますが注意点としては、パートやアルバイトをしていて、継続的に収入がある人に限るという事が一般的です。キャッシングをしたいと思う時には急いでいる時が多いので、親しみのある銀行のカードローンも使用する事が出来ますが、その場合には、消費者金融でキャッシングをする事が良いです。

消費者金融でキャッシングするメリットとしては、即日融資などが可能になるので、利用しやすいと言えます。キャッシングは主婦でも利用する事が出来ますが、注意点としては、聞いた事がない会社からの融資や金利が高い会社での利用は避ける事が良いです。

主婦でもお金の借り入れは出来ますが、返済のプランを考えて利用する事が肝要と言えます。家族にバレないように借りたいなどの心配もあると思いますが、多くの会社がバレないようなキャッシングの仕組みになっている事が多いので安心して利用する事が出来ます。