に投稿

カードローンは繰り返し利用出来るが利用してはダメなことも!

カードローンは、銀行や消費者金融に関わらず、利用限度枠内であれば繰り返し利用が可能です。例えば、同じ月に数回借り入れすることも可能です。しかり、繰り返し利用出来るからと言っても、その行為自体は避ける必要があります。銀行や消費者金融は多重債務防止という義務があります。特に銀行は社会的な役割も大きく、消費者金融に比べより適切な対応が求められています。

先ず、カードローンで同じ月内に何度も借り入れする行為は、債務超過の可能性があり、融資側としても貸倒リスクが高まります。結果、途上与信の悪化となり、カードローンの利用限度額が減額されたり、利用停止といった可能性に繋がります。与信悪化は、返済遅延などの事故情報が一般的に知られているものの、利用頻度が多いということも影響することに注意が必要です。

に投稿

働き方に左右されず申し込みが可能なキャッシング

消費者金融のキャッシングは、銀行のローン商品と比べると金利が高いというデメリットな面があります。それにもかかわらず消費者金融のキャッシングの利用者が多いのには理由があります。それは銀行から融資を受けるのと比較して消費者金融のキャッシングの方がりいう条件が厳しくはないからです。

たとえば、銀行から融資を受けたいという場合には担保や保証人が必要となってきますし、アルバイトやパートとして働いている人や個人事業主として働いている人は審査に落とされてしまう可能性がとても高いといわれています。

また、銀行から融資を受けたというときには審査に時間が掛かってしまうという点もすぐにお金を借りたい人には厄介なところです。それに対して消費者金融のキャッシングでは保証人も必要ありませんし、担保となるものも必要ありません。

また、アルバイトやパート、個人事業主として働いている人でも月々の収入が安定しているという条件さえ満たしていれば申し込み条件を満たしていることになるので特に問題はありません。アルバイトやパート、個人事業主の方でお金を借りたいという人はまず最初に消費者金融のキャッシングを申し込まれてはいかがでしょうか。

に投稿

アルバイトでもキャッシングで借り入れする事は可能です

日々の生活で、収入がもう少しあればと考える人も多いです。
特に、アルバイトやパートなどについては時給で働いている為、休んでしまえば収入が入って来ないという事もあります。

日々の生活をギリギリで生活をしていたりすると、風邪などを引いてしまった場合や、大きな出費をした場合には自力での工面が難しい場合もあります。
そのような時に、周囲に借りるという事も選択肢として考える必要もありますが、相手の都合などもあります。

場合によっては、信頼関係自体が失われてしまう事もあります。
そのような事にならない為には、キャッシングなどの第三者を使う事も一つの方法となります。

しかし、アルバイトだと安定した収入がない為、審査が通らないと思い込んでいる方もいます。
ただ、最近ではキャッシング業者も増えて、アルバイトでも審査が通りやすくなってきていますので、一度審査の申し込みを検討してみるのも一つの方法です。
しかし、借り入れできる金額に制限があったり返済期間が厳しいと感じる事があるかもしれないです。

その為、借り入れをする際は慎重に動かなければならないのと同時に、返済計画をしっかり立てておく事が重要です。
返済計画が狂う事が無ければ、月々の返済は苦しいものではない為、計画通りに動くことは大切です。

に投稿

キャッシングが手軽になっています

キャッシングの申し込みは、窓口での申し込みやファックスや郵送などでの申し込み、インターネットからの申し込みも出来るようになっています。

電話での融資相談もありますので、自分が融資可能かどうかの審査を電話で聞いてみるというのも、一つの手ではないかなと思います。

窓口まで出向かないでも良い、というのが今のキャッシングの最大の利点なのかもしれませんね。

それぞれの人に合わせた申し込み方法を利用するようにしましょう。

申し込み方法によって、使えるようになる時期も変わってきますので、
急ぎの方はインターネットからの申し込みが一番早い審査になると思われます。

ネット申し込みは、店舗に行く必要もなく、条件によっては即日融資ということも可能になっています。

モビットでの借り入れの場合は、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っている人ならば、最短3分で振込してもらえます。

大手銀行のATMからの引き出しが可能ということで、安心感が出てきますし、大手銀行カードならばほとんどの人が持っていると思います。

新しくカードを作るという時間が短縮されるために、早く融資が出来るようになっているのですね。

モビットの利用限度額は1万円~500万円となっています。

金利は4.8%~18.0%となっています。

利用する時は、計画的に利用しましょうね。

に投稿

計画的に使えばキャッシングはとても役に立ちます

一般的によく言われていることですが消費者金融のキャッシングは計画的に利用することが大切です。借入利率は銀行のものより少し高くなっている消費者金融のキャッシングですが計画的に利用することを心掛けていけば利息の返済に困ることもありません。

私たちの生活に大いに役立ってくれるとてもメリットのあるサービスだと思います。まず消費者金融は私のような非正規雇用で働いている者でも利用することができます。非正規雇用で働いていると銀行のキャッシングに申し込みをしても審査で断られてしまう場合が多いと思いますが消費者金融であればアルバイトやパートで働いているひとでも審査に通ることは可能となっています。

申し込みもパソコンやスマートフォンからでもできますのでお店に入りずらいと感じる方にとっても利用しやすくなっています。借入利率の上限は各社ともおおむね18%ほどになっています。銀行よりは高いのですが18%というのは年率ですので返済期間を短くすればそれだけ利息は安くなります。

例えば生活費を補填するため3万円を年率18%で借りて20日後に全額返済したとすると利息は約295円となります。返済に頭を悩ますほど大きな金額ではないと思います。借入れ額をできるだけ少なくして返済期間も短くできれば利息はもっと小さくなります。

このように使い方に気を付ければ消費者金融は本当に便利に利用できる金融機関だと思います。正規雇用の方も非正規雇用の方もお金のことで悩んだら消費者金融の利用を考えてみても良いと思います。

に投稿

キャッシングは限度額に注意しよう

キャッシングには限度額というものがあります。

これは「借り入れをできる最大の金額」で、この金額までであれば、繰り返し何度でも利用することができます。

しかし、限度額まで借り入れをしてしまうと、いうまでもなく、金利も多く払わなくてはなりません。

キャッシングを利用する時は、どうしても「念のため」などと、多く借り入れをしがちなものです。

そのため、借り入れをするときは必要な金額だけを借り入れする習慣をつけることをおすすめします。

キャッシングやカードローンは、とても便利なものです。

しかし使い方によっては、あとから返済が大変になってしまうこともあるものです。

そうならないように注意して利用することをおすすめします。

に投稿

キャッシングは思ってる以上に簡単に出来ます。

キャッシングやローンでお金を借りる事は思ってる以上に簡単に出来ます。自分は銀行のカードローンやフリーローンを使っています。所謂消費者金融のローンは使った事は有りませんが、別に消費者金融を嫌っている訳では有りません。銀行からの借入で間に合っているので使わないだけです。

手続きについては最初にインターネットで情報を仕入れて電話で申し込みをしました。カードローンの方は借入限度額が少なくて少し不満を持ちましたが、フリーローンの方は思ったよりも多く借り入れが可能でした。審査は収入や勤務先について訊かれた程度で特に困るような事はありませんでした。

フリーローンの方は1週間程度日数がかかりましたが、カードローンの方は3日程度で借り入れが可能になりました。便利に使っていますが返済はキッチリやるようにしています。

に投稿

色んな要因で決定されているキャッシングの利用限度額

キャッシングも審査を通過できた方は、利用限度額を設定してもらいます。希望通りの利用限度額に設定してもらえる方もいれば、考えていたよりも高い利用限度額だったり、残念ながら少ない利用限度額の時もあります。このように様々な利用限度額になる理由として、まず安定した収入が関係しています。

安定した収入が多いほど、高い利用限度額を設定してもらいやすいのが特徴です。また他社借入や個人の信用情報によって、利用限度額が設定されており、芳しくない方ほど利用限度額が低く設定されています。高い利用限度額に設定してもらえた方は、申込をした消費者金融から高い信頼されている証拠なので、滞納やその他迷惑行為を実施しないように細心の注意をしないといけません。

に投稿

ネットキャッシングをする時はどのような注意点があるの?

WEB完結申込を採用している業者が増えてきていてネットキャッシングをする事が出来る時代になっています。その影響でキャッシングの利便性が高くなったため利用しやすくなったという声もよく聞かれます。しかしネットキャッシングをする時は注意したい点もあるのでしっかり確認しておきましょう。

ネットキャッシングをする時はすべての手続きがネット上で行われます。そのため申し込みをする時に分からない事があった場合は自分で調べなければいけません。またホームページで必要項目を間違えて入力してしまうとその後の手続きで問題が発生して契約完了まで時間がかかってしまいます。お金を借りる事が出来るのも遅くなるので申し込みをする時に必要項目を正確に入力するようにしましょう。

に投稿

主婦におすすめのカードローンを紹介

家計を管理することが多い主婦がカードローンを契約しておけばいざという時に窮地を凌ぐことができます。初めてカードローンを利用する主婦に特におすすめなのが楽天銀行のカードローンなのですが、なぜ同社のカードローンが主婦におすすめなのかを解説していきます。

・来店不要で契約できる

ネット銀行のカードローンなので来店不要で契約できます。人に知られずに契約ができるので近所の目が気になる人でも全く問題ありません。

・主婦でも契約しやすい

楽天銀行カードローンは継続的な収入があればパートやアルバイトをしている非正規雇用の主婦でも問題なく契約できます。また継続的な収入がない専業主婦でも夫に安定した収入があれば契約可能となっています。

に投稿

怖いカードローン破産!同じ借り入れでも住宅ローンと自動車ローンとは性質が異なる!

以前は、消費者金融のキャッシングローンが自己破産増加の要因となり法規制が厳しく行われ、昨今では銀行カードローンも減少に転じていた破産者の増加要因とされています。その結果、銀行カードローンも審査の厳格化が行われることとなりました。

しかし、一見すると住宅ローンや自動車ローンに比べ、カードローンなどは借入額が少ない、同額でも返済が容易と感じてしまうことがあります。確かに、200万円のキャッシングと同額の自動車ローンでは借り入れしている金額の面では同じものです。

しかし、自動車ローンの場合、所有権がローン会社にあり、万が一の際には自動車を回収し同時点での価値分を相殺するため、実質的には借り入れしている金額はカードローンよりも少なくなります。一方、カードローンは自由に使える分、処分できる資産を明確にすることができず、結果として相殺処理が出来なくなります。住宅ローンや自動車ローンなどの高額融資とは実際に異なる点を理解して、リスクを考慮した利用が重要です。

に投稿

福岡県における貸金業者事情について

福岡県は基本的に九州の中心地でありますので、大手の消費者金融でも銀行でも多数進出していますし、

中小の消費者金融や地銀も多数あるといっていいでしょう。

貸金業者の登録件数も全国で3番目のレベルにあるほどで、それだけかなり多くの業者が競争状態にあるといえます。

やはり人口も多い地域ですので、顧客獲得の争いも活発になっているものだといえます。

金利面については若干全国的な平均と比べると高めになっているようで、中傷の消費者金融が多いことや

顧客獲得争いが多いからこその数字と思います。

お金は借入しやすいので、場所や方法はそれほど選ぶようなことはないでしょう。

九州地方の人は、福岡県で借り入れをするとやりやすいのではないでしょうか。

に投稿

駅前の金融ビルの中から最適なカードローンを選ぶには?

都会の駅前には様々なクリニックが入っているクリニックビルや、スナックやラウンジ等が入ったスナックビルがあるように消費者金融が入った金融ビルがあります。一見固まっているので便利のように思えますが、全部を利用するのは愚の骨頂ですし、どこを選ぶのか迷ってしまいます。

金融ビルにはたいていアコム・プロミス・アイフル・レイクが入っています。この中でレイクのみ銀行カードローンですが実態は消費者金融です。この4社の中でどれがオススメかと尋ねられたら、正直似たようなものなので答えに窮してしまいます。初めてなら無利息サービスがありますし、金利もほぼ横並びで変わらないからです。

融資をお急ぎなら即日融資ができないレイク以外を選べばいいでしょう。あとはお持ちの銀行口座によって選べば借入が楽です。例えば楽天銀行ならアコム、三井住友銀行やジャパンネット銀行ならプロミスが相性が良いです。

に投稿

飲み代や旅行の費用などで学生でもお金を借りたくなる

飲み代や旅行の費用などで学生でもお金を借りたくなる時がありますね。しかし学生の場合は社会人と比べるとキャッシング枠は当然低くなります。働いていないので当然ですね。クレジットカードを作った場合、キャッシング枠は最低ラインの10万円に設定されることが多いです。一方、学生が信販系カード会社でキャッシング専用のカードを作るとどれぐらいの枠になるでしょう。

基本的には最高で50万までと考えるとよいでしょう。

信販系カード会社では総量規制といって年収の3分の1がキャッシング可能な金額となっています。

学生の場合ですと基本無収入として計算されますが、アルバイトをしたとしても月に10数万程度、年間で150万程度ということで3分の1の50万が枠となります。

ところで、50万以上の金額を借り入れたい場合の方法ですが、カード作成の際に前年度の収入証明を提出し、それが150万を超えていれば50万以上の枠ができる可能性が高くなります。

もちろん、前年度の収入ですから継続して長期のアルバイトを行う必要がありますし、親御さんの収入証明でも認められません。

学生も信用が第一。もしものために長期でアルバイトをしておくのも意外と必要なことといえそうです。

に投稿

キャッシングの限度額は増やすことができる

キャッシングは、限度額の範囲内で借入と返済を繰り返していきます。限度額は、最初の審査の時点で、その人の合わせた金額が設定されることになりますが、その後、増やしていくことも可能です。

限度額を増やす為には、増額審査を受けることになります。しかし、この増額審査は最初の審査よりも厳しくなることが一般的です。増額審査では、これまでの利用状況や、最初に審査を受けた時点と比べて返済能力が上がっているかどうかなどを確認することになります。その為、初回は簡単に通ったのに、増額審査では落ちてしまうということは珍しくありません。

少しでも審査に通りやすい状態を作りたいのであれば、返済能力を証明できる利用実績を作っておく、収入などの条件が良くなってから審査を受けるということが有効です。

に投稿

アルバイトがキャッシングを受ける際の注意点

アルバイトをしている方で、どうしても急なお金が必要になったら困りますよね。

そんな場合、キャッシングの利用を検討するかと思います。

しかしアルバイトの稼ぎでもキャッシングの審査に通るのか、不安を感じている方も多いかと思います。

基本的に成人していて、定期的な安定収入さえあればお金を借りることが可能になります。

ですので、真面目にアルバイトをしている方であればまず問題ないでしょう。

しかし、注意が必要になるのが借入限度額です。

アルバイトの場合、一部の例外を除いて正社員に比べて収入は抑えがちですよね。

さらに信用の問題も、やはりアルバイトは正社員に比べたら劣ってしまいます。

なので審査の通過は問題ないけれど、借入額の大きさはあまり期待できないと言えますね。

このように、例えアルバイトでも安定した収入が見込めていれば審査に落ちる心配もありません。

大きな額を望んでいないのであれば、まったく問題ないと言えるでしょう。

もし数百万円といった高額なお金が必要な場合は総量規制に引っかかってしまいます。

昨今は正社員でなくアルバイトで生活している人も多いので、気になる問題ですよね。

借入限度額が気になる方は、事前に金融会社に確認すると良いでしょう。

に投稿

銀行カードローンでは申し込みブラックとなる期間が異なる!

申し込みブラックとは、一定期間内に複数の金融機関に対し、キャッシングやローン契約をすることで生じる問題です。これは、多重債務防止を目的としており、消費者を守るものでもあります。一般的にキャッシング契約は、前回の申し込みから6ヶ月以上経過していることが重要とされているものの、この6ヶ月というのは株式会社シー・アイ・シーおよび株式会社日本信用情報機構の情報保有期間となっています。

ここで注意しなければならないのが、全国銀行個人信用情報センターの情報保有期間であり、照会記録情報は『当該利用日から1年を超えない期間』となっています。つまり、全国銀行個人信用情報センターの情報照会が行われる銀行カードローンやフリーローンの場合、1年以上は新規申し込みを避ける必要があります。

消費者金融の場合、全国銀行個人信用情報センターのセンター会員ではないため、他2機関の6ヶ月になるものの、情報保有期間が異なることを理解しておくことが重要になります。

もし、銀行カードローンの審査を過去に落ちてしまった方は、次回申し込みは大手消費者金融のカードローンを検討することが得策となります。銀行カードローンやフリーローンについては、消費者金融のカードローンとは別と考えるのがおすすめです。

に投稿

主婦でも出来るキャッシングの注意点とメリットについて

お金が必要になることは誰でもあることですが、働いている人はもちろんですが、主婦でもお金が急に必要になるという事があると言えます。主婦であればキャッシングが出来ないと思っている人も多いと思いますが、主婦でもキャッシングを利用する事が出来ます。

主婦でもキャッシングが出来ますが注意点としては、パートやアルバイトをしていて、継続的に収入がある人に限るという事が一般的です。キャッシングをしたいと思う時には急いでいる時が多いので、親しみのある銀行のカードローンも使用する事が出来ますが、その場合には、消費者金融でキャッシングをする事が良いです。

消費者金融でキャッシングするメリットとしては、即日融資などが可能になるので、利用しやすいと言えます。キャッシングは主婦でも利用する事が出来ますが、注意点としては、聞いた事がない会社からの融資や金利が高い会社での利用は避ける事が良いです。

主婦でもお金の借り入れは出来ますが、返済のプランを考えて利用する事が肝要と言えます。家族にバレないように借りたいなどの心配もあると思いますが、多くの会社がバレないようなキャッシングの仕組みになっている事が多いので安心して利用する事が出来ます。