に投稿

むじんくんで申し込む時の2つの注意点

アコムは無人契約機のむじんくんで申し込みをするとキャッシングカードが発行されるので即日融資を受ける事が出来ます。しかしむじんくんで申し込む時に注意したい点もあるので確認していきましょう。

・本人確認書類を必ず持参する

アコムは申し込みをする時に本人確認書類の提出が必要になっているので運転免許証、健康保険証、パスポートなどどれか一つを持参しなければいけません。また借入希望額が50万円以上になる時は源泉徴収票など収入証明書の提出も必要になるので持参する必要があります。

・土日祝日に申し込む時は在籍を証明する事が出来る書類を持参する

むじんくんで申し込みをして土日祝日に即日融資を受ける時は在籍を証明する事が出来る書類を持参する必要があります。審査で勤務先に電話をかけて在籍確認をしますが、土日祝日の場合は勤務先が休みで電話が繋がらない可能性があります。それで在籍を証明する事が出来る書類を提出する事で在籍確認をしてもらう事が可能です。

に投稿

消費者金融の申込方法の選び方について

消費者金融は店頭窓口、自動契約機、ネットなどいろいろな申込方法があります。それでどの方法で申し込めばいいのか悩んでしまう人も少なくありません。そこで消費者金融の申込方法をどのように選べばいいのか見ていく事にしましょう。

・不明な点が多い時は店頭窓口

初めて消費者金融でキャッシングをする時は分からない事が多いです。それで申し込みをする時にスタッフに質問した方がスムーズに出来ます。不明な点が多い時はスタッフがいる店頭窓口で申し込みをするのがオススメです。

・今すぐお金が必要な時は自動契約機

金欠の状態になっていて今すぐお金を借りたい時に消費者金融を利用する事も多いでしょう。そんな時は自動契約機で申し込むのがオススメです。自動契約機で申し込みをすると審査が最短30分で回答されて可決されると契約手続きをする事が出来ます。それで契約が完了するとその場でカードが発行されるので今すぐお金が必要な時にしっかり対応する事が出来ます。

・家族に内緒にしたい時はネット

消費者金融でキャッシングをする時は家族には知られたくないものです。しかし店頭窓口や自動契約機で申し込みをするとカードや自宅への郵送物でバレてしまう可能性があります。しかしネットで申し込みをするとWEB完結になるのでカード発行不要で自宅への郵送物もなくなります。

に投稿

自動契約機でキャッシングの申し込みをする手順

キャッシングの申し込みは、最近はインターネットを利用した申し込みが主流となっていますが、自動契約機を利用した場合には、その場でカードが発行されますから、その日にATMでお金を引き出すことができます。

ただ、自動契約機に入るところを、知り合いに見られる可能性もありますから、事前にインターネットで申し込みをした後、自動契約機でカードを発行すると、より短時間で作業を済ませることができますから、おすすめです。

自動契約機は、その場で申し込みからカード発行までを行うことができますが、使ったことがない人は自動契約機がいったい何なのかわからないかもしれません。

自動契約機は、ATMのような形状をしていて、タッチパネルで操作するタイプの機械がほとんどです。

身分証明書などの書類を読みとるためのスキャナーやカード発行をする機械なども備えられています。

自動契約機は、あらかじめ予約などは必要ありませんが、仕事が終わる時間帯などには混雑しますから、即日融資を受けたい場合には、できるだけ午前中に申し込みを行った方が安心です。

申し込みで入力する情報は、氏名や住所、年収、勤務先、雇用形態、勤務年数、居住形態、現在の借り入れ残高などで、消費者金融であれば、最短30分で審査は終了します。

に投稿

学生でもキャッシングを申し込む事が出来るのか?

キャッシングについての質問の中でも多いものの1つに「学生でもキャッシングに申し込めるのか?」というものがありますが、この質問に関する答えは「申し込むことは可能」となります。

一般的にキャッシングの申し込み資格者は「20歳以上で安定した収入がある方」となっているので、基本的に20歳以上の学生であれば申し込むことは可能となります。18〜19歳の学生に関しては未成年ということもあり申し込みが不可な会社が多く、申し込みが可能な会社でも親権者の同意と実際に借り入れの際には連帯保証人となってもらうことが条件となっています。

また、申し込み資格者の条件に「安定した収入」という言葉があることから、アルバイトをしていないと申し込めないと思われがちですが、実は会社によってはアルバイトをしていなくても申し込むことが可能となっているのです。そのような場合には本人や親権者の返済能力や返済財源が総合的に判断され合否が決定することになります。

その他にも、学生がキャッシングを申し込む際はほぼ全ての会社で返済が滞った時の連絡先として親権者の連絡先を伝える必要があります。その為、返済が滞り本人と連絡が取れなくなった時には親権者に連絡が入ることになります。