に投稿

怖いカードローン破産!同じ借り入れでも住宅ローンと自動車ローンとは性質が異なる!

以前は、消費者金融のキャッシングローンが自己破産増加の要因となり法規制が厳しく行われ、昨今では銀行カードローンも減少に転じていた破産者の増加要因とされています。その結果、銀行カードローンも審査の厳格化が行われることとなりました。

しかし、一見すると住宅ローンや自動車ローンに比べ、カードローンなどは借入額が少ない、同額でも返済が容易と感じてしまうことがあります。確かに、200万円のキャッシングと同額の自動車ローンでは借り入れしている金額の面では同じものです。

しかし、自動車ローンの場合、所有権がローン会社にあり、万が一の際には自動車を回収し同時点での価値分を相殺するため、実質的には借り入れしている金額はカードローンよりも少なくなります。一方、カードローンは自由に使える分、処分できる資産を明確にすることができず、結果として相殺処理が出来なくなります。住宅ローンや自動車ローンなどの高額融資とは実際に異なる点を理解して、リスクを考慮した利用が重要です。