に投稿

複数の借り出しがある場合はおまとめローンで早くまとめよう

なるべく借り入れをしないのが理想とはいえども、やはりお金に困った際には借り入れをしてしまうこともあるでしょう。それが一緒ならまだしも複数社になると、聞き書きの返済額がドンドンと膨れ上がってしまうため、お金に困ってお金を借りていたにもかかわらず、さらにお金に困ってしまう状況になりかねません。

そのため、もし借り入れが複数にまたがってしまった場合は、早めにおまとめローンの検討しましょう。そうすることにより、早期のうちに複数のローン契約を1つにまとめることができ、月々の返済に困ると言うことを極力なくすことができます。逆に言えば、時間がかかってしまい審査に通らなくなってしまうような状況に陥ると、おまとめローンも借りるできなくなってしまうので、なるべく早いタイミングで検討するようにしましょう。

に投稿

カードローンは繰り返し利用出来るが利用してはダメなことも!

カードローンは、銀行や消費者金融に関わらず、利用限度枠内であれば繰り返し利用が可能です。例えば、同じ月に数回借り入れすることも可能です。しかり、繰り返し利用出来るからと言っても、その行為自体は避ける必要があります。銀行や消費者金融は多重債務防止という義務があります。特に銀行は社会的な役割も大きく、消費者金融に比べより適切な対応が求められています。

先ず、カードローンで同じ月内に何度も借り入れする行為は、債務超過の可能性があり、融資側としても貸倒リスクが高まります。結果、途上与信の悪化となり、カードローンの利用限度額が減額されたり、利用停止といった可能性に繋がります。与信悪化は、返済遅延などの事故情報が一般的に知られているものの、利用頻度が多いということも影響することに注意が必要です。

に投稿

口座振替で返済する際の注意点とは?

カードローンの返済方法を口座振替に設定しているからといって、安心できるわけではありません。なぜなら毎月1回ある振替日に口座残高が足りなければ、引き落としができないからです。ちなみに振替日が土日祝日の場合、翌営業日が振替日となることが一般的です。

この時返済用の口座がメイン口座で残高がたくさんあれば問題ありませんが、振替日当日に残高不足だと気づき慌てて入金したら間に合うのでしょうか?答えは銀行によってマチマチで、間に合う場合と間に合わない場合があるのです。

ですからだいたい朝一に引き落とされるのですが、1回しか引き落とさない銀行なら間に合いません。1日複数回引き起こす銀行なら間に合うというわけです。例えばメガバンクは複数回引き落としますが、いずれにしろ余裕を持って入金していることをオススメします。

に投稿

キャッシングで即日融資を利用したいときは

キャッシングで即日融資を利用したいときは、審査スピードの早い消費者金融がおすすめです。消費者金融を利用してできるだけ急いでお金を借りたいときは、インターネットから申し込みの手続きを開始した後に、さらにフリーダイヤルに電話をかけて借入れを急いでいることや即日融資希望ということを伝えておくのがおすすめです。

そうすれば審査を急いでもらったり、即日融資で借りるための手続き方法についてアドバイスをもらえるかもしれません。キャッシングの会社によってはお急ぎ審査用の専用電話番号を準備している会社もあります。キャッシングの審査で、借入れを急いでいることを伝えると、手持ちのお金に余裕がないことが伝わってしまうのではないかと不安になりますが、それで審査に悪い影響が出るということはありません。

に投稿

働き方に左右されず申し込みが可能なキャッシング

消費者金融のキャッシングは、銀行のローン商品と比べると金利が高いというデメリットな面があります。それにもかかわらず消費者金融のキャッシングの利用者が多いのには理由があります。それは銀行から融資を受けるのと比較して消費者金融のキャッシングの方がりいう条件が厳しくはないからです。

たとえば、銀行から融資を受けたいという場合には担保や保証人が必要となってきますし、アルバイトやパートとして働いている人や個人事業主として働いている人は審査に落とされてしまう可能性がとても高いといわれています。

また、銀行から融資を受けたというときには審査に時間が掛かってしまうという点もすぐにお金を借りたい人には厄介なところです。それに対して消費者金融のキャッシングでは保証人も必要ありませんし、担保となるものも必要ありません。

また、アルバイトやパート、個人事業主として働いている人でも月々の収入が安定しているという条件さえ満たしていれば申し込み条件を満たしていることになるので特に問題はありません。アルバイトやパート、個人事業主の方でお金を借りたいという人はまず最初に消費者金融のキャッシングを申し込まれてはいかがでしょうか。

に投稿

レイクと同じ新生銀行系の”ノーローン”

レイクと言えば元は大手消費者金融で、現在では新生銀行のカードローンとして有名ですが、その新生銀行系には”ノーローン”という消費者金融も存在します。

このノーローンはレイクとかなり密接な関係があり、まずレイクの自動契約機から申込みを行うことができます。ノーローン自体の自動契約機は設置されていないので、必ずレイクのものを利用しないといけません。そして、ノーローンには自社のATMも存在しない為、レイクのATM、またはコンビニなどの提携先のATMを利用することになります。尚、レイクのATMは手数料無料で利用できます。

このように、ノーローンは表向きはレイクの施設をそのまま利用した消費者金融だと考えて構いません。レイクとの主な違いは、レイクのATMしか手数料が無料にならない点と(レイクはすべてのATMで手数料が無料です)、独自の無利息サービスです。

ノーローンの無利息サービスはかなり特殊で、最初に契約日から7日間無利息になります。これだけを見ると他社よりかなり短いと思ってしまうかも知れませんが、一度借り入れ全てを完済すると、その翌月以降の最初の借り入れ時にその日からまた7日間無利息になります。つまり、完済を繰り返す度に何度でも7日間の無利息期間が提供されるのです。

レイクの無利息サービスにも特徴がありますが、ノーローンのように何度も無利息にはなりません。この独特の無利息サービスに魅力を感じる場合には、レイクではなくノーローンを選択してみてはどうでしょうか。

に投稿

キャッシングってしたことありますか?

皆さんこんにちは!!キャッシングってしたことありますか?私の周りでは何人かは利用していますが、利用していない人にきくと、「闇金でしょ?」とか「キャッシングを利用しなきゃいけなくなるほど困ってない」とか「ブラックリストとかに載らない?」といった否定的なイメージが聞こえてきます。

しかし、本当にそうでしょうか?私自身学生のときに何回か利用させていただいたのですが、周りの方が思っているほど悪いものではないと思っています。これから、私自身がキャッシングを利用してよかった、また助かったと感じた時のことを紹介しようと思います。それはこんな時です。

「急な友達の誘いが入ったとき」学生の皆さんもよくこういった場面に遭遇するのではないでしょうか?急な誘いが入ったときに手元にお金がないことってたまにありますよね?そんなときに助けてくれるのがキャッシングです。「でも、銀行から引き出せばいいんじゃないの?」と言われる方もいると思います。

しかし、おろせない時間ってありますよね?そう、土曜日の夜です。土曜の夜なんて次の日も休みだから沢山遊びたいですよね?でもお金がない、どうしよう…。そういった、銀行からどうしてもお金をおろせないときに、私はキャッシングを利用していました。

そして、キャッシングを利用したら次の日から「またキャッシングを利用できるように頑張ろう」と思いバイトに励みました。このように付き合い方をうまくすれば、キャッシングの良い面を引き出せると思います。今学生で悩んでいる皆さんもキャッシングとの上手な付き合いで充実した生活を送ってくださいね。

に投稿

初めてのネットキャッシング体験談

私は22歳の時にキャッシングカードを作り、その際に得たキャッシングカードは二年が経過する現在でも利用をしています。

周囲にキャッシングをしている人間がいないと、初めてのキャッシングには抵抗が生じるかもしれませんし、私も契約をするまでにかなり迷っていたのですが、
他人のキャッシング体験談を読んだり、キャッシングについて詳しく説明がなされているサイトを閲覧している内に、キャッシングへの抵抗が拭われ契約までこぎつけました。

前もって各キャッシング業者の契約方法やサービス、返済方法などを調べていたので契約をするキャッシング会社に迷いはありませんでした。

契約の流れから返済方法まで知っておくと、申込みの際に色々な不安を感じずに済みます。

自分のペースでゆっくりと申し込み記入欄に書き込みができるネット契約方法を選び、自分の年収を調べたりしながらマイペースに書き込みをしました。

ネットキャッシングは勝手が分からないという人でも、単に自分の情報を書き込んでページを進めるだけで申込みが完了し、その後もサイトやメールの内容に沿うだけで契約が終わります。

在籍確認の電話は自分が受け取る必要は無し、本人確認の電話だけ受け取り多額の限度枠を頂きました。

に投稿

auのユーザーにおすすめの銀行カードローンがあります

auの携帯電話やスマホを利用している人におすすめなのが、じぶん銀行のカードローンです。このじぶん銀行とは三菱東京UFJ銀行とKDDI(auブランドの会社名)が共同で設立したネット銀行で、auのユーザーに対して特別な特典を用意しているからです。

その特典とは、じぶん銀行のカードローンにはauのユーザーに限り、金利が年利0.1%、他社や他行からの借り換えになる場合には0.5%も優遇されるのです。更にじぶん銀行の口座を持っていると、氏名や住所などの情報は既にそちらで登録しているので申込み時にそういった入力を行う必要がなく、身分証明書さえ必要なく申込みが行えます。じぶん銀行の口座が無い場合でも、身分証明書の提出がスマホから簡単に行えるWEB完結を利用することができるようになっています。

このように、じぶん銀行のカードローンはauのユーザーに対してとても利用しやすいカードローンだと言えますが、このカードローンの特徴はそれだけではありません。じぶん銀行はネット銀行なので自前のATMというものがなく、三菱東京UFJ銀行のATMや各種のコンビニのATMなどを利用することになりますが、どのATMを利用しても一切手数料が掛かりません。ネット銀行だというハンデどころか、これはとても嬉しい特徴だと言えるでしょう。

auのユーザーがカードローンの利用をする時には、まずこのじぶん銀行のカードローンを利用することを一番に考えてみてはどうでしょうか。

に投稿

銀行カードローンと消費者金融のカードローンの審査を同時に受ける方法はあるの?

銀行カードローンと消費者金融のカードローンを同時に申し込みした場合、個人信用情報に照会履歴が残ってしまい申し込みブラックとなることが知られています。しかし、どうしても現金を調達する必要がある場合、同じタイミングで申し込みができ、片方の審査を通過出来ればと考えてしまいます。

しかし、銀行カードローンの場合、日本国内にある3つの個人信用情報機関に照会情報が登録されてしまうため、1回審査に落ちてしまうことのリスクが大きくなります。しかし、このような場合、三井住友銀行カードローンを最初に申し込みするのがおすすめです。

三井住友銀行カードローンの場合、保証委託先がSMBCコンシューマーファイナンスとなるため、審査が通な出来なかった場合、プロミスの契約申込を勧められるケースがあります。この場合、保証会社での審査が完了し、融資可能と判断されるため、改めて申し込みを行う必要が無くなります。

申し込みブラックを回避出来る上、短時間で契約手続きを行うことが出来るというメリットも生じます。また、他の銀行カードローンとは異なり、即日で融資を受けられるよう、サービスも充実しているのが特徴です。1回の申し込みで、2社分の審査を受けられるのは、突発的な出費が生じた場合、より確実にキャッシング契約を行い方にはおすすめ出来るものとなります。

に投稿

アコムでお金を借りる時に自社ATMとコンビニに設置されているATMのどちらを利用した方がいい?

アコムはむじんくんで申し込みをすると契約完了後にカードが発行されます。それでATMでお金を借りる事になりますが、自社ATMの他にコンビニに設置されているATMも利用する事が出来ます。そこで自社ATMとコンビニに設置されているATMのどちらを利用してお金を借りればいいのか見ていく事にしましょう。

・利便性を重視する時はコンビニに設置されているATM

自社ATMは全国各地に設置されていますが、どこにでも設置されているわけではないので住んでいる場所によっては周辺にない事も多いです。しかしコンビニはどこにでもあるので住んでいる場所の周辺にないという心配をする必要はありません。利便性を重視する時はコンビニに設置されているATMで借り入れをした方がいいです。

・出費を抑えたい時は自社ATM

コンビ二に設置されているATMを利用した方がすごく便利ですが、1回利用するごとに手数料が発生してしまいます。1万円以下の借り入れをする時は108円、1万円以上の借り入れをする時は216円の手数料が1回ごとにかかってしまいます。しかし自社ATMは手数料が無料なので何度利用しても手数料を支払う必要はありません。アコムは金利が高く設定されているので出費を抑えたい時は自社ATMを利用した方がいいです。

に投稿

おまとめローン利用における注意点

複数借り入れを一括化させるおまとめローンは金利設定を下げて返済出来るサービスですから、複数社借り入れがある場合には検討する価値があるサービスと言えます。

貸金業法によって総量規制がありますから、消費者金融では年収3分の1までの借り入れに制限されており、銀行の場合は規制対象外であり、おまとめローンは例外的な貸し付けが可能になっており、審査が柔軟な消費者金融でも利用出来るものです。

もちろんメリットだけではなく、きちんとデメリット部分を把握して使う必要があり、メリットに関しては低金利化させて利息負担額を小さくする事や、一社に絞り込んで返済手続きを簡易にして労力を減らす事が挙がります。

注意したい部分は利用した以上は完済させるまで新しい借り入れが出来なくなる可能性が高く、覚悟を決めて利用する必要がある事や、おまとめローン審査に通らないからと言って悪徳業者に捕まるリスクがある事です。

このサービス利用を検討すると言う事は、すでに借金負担が大きい悩みを抱えている事が多く、消費者金融でも審査に通らない状態の方も居ます。

そうした所に目を付けて違法取引を行う業者に申し込む方も居ますが、借金は必ず法律の範囲で営業している業者を選ぶ必要があり、キチンと調べた上で利用するならば心強いサービスです。

に投稿

アルバイトでもキャッシングで借り入れする事は可能です

日々の生活で、収入がもう少しあればと考える人も多いです。
特に、アルバイトやパートなどについては時給で働いている為、休んでしまえば収入が入って来ないという事もあります。

日々の生活をギリギリで生活をしていたりすると、風邪などを引いてしまった場合や、大きな出費をした場合には自力での工面が難しい場合もあります。
そのような時に、周囲に借りるという事も選択肢として考える必要もありますが、相手の都合などもあります。

場合によっては、信頼関係自体が失われてしまう事もあります。
そのような事にならない為には、キャッシングなどの第三者を使う事も一つの方法となります。

しかし、アルバイトだと安定した収入がない為、審査が通らないと思い込んでいる方もいます。
ただ、最近ではキャッシング業者も増えて、アルバイトでも審査が通りやすくなってきていますので、一度審査の申し込みを検討してみるのも一つの方法です。
しかし、借り入れできる金額に制限があったり返済期間が厳しいと感じる事があるかもしれないです。

その為、借り入れをする際は慎重に動かなければならないのと同時に、返済計画をしっかり立てておく事が重要です。
返済計画が狂う事が無ければ、月々の返済は苦しいものではない為、計画通りに動くことは大切です。

に投稿

アコムの会員サイトにログインできない時は、どうすればいい?

アコムの会員サイトにログインしようと思ったら、なぜかできない。

そのような場合は、以下のような原因が考えられます。

一つ目は、「会員番号を打ち間違えている」。

アコムの会員番号は8桁の半角数字ですが、全角で入力していたりすると、ログインできません。

会員番号は、アコムカードの裏面に書かれています。

二つ目は、「暗証番号を打ち間違えている」。

暗証番号は4桁の数字ですが、これも打ち間違いがあると、ログインはできません。

そして、暗証番号はアコムカードには書かれていないので、分からなくなった場合は、カードローンデスクに尋ねてみましょう。

また、最寄りのアコム店舗やむじんくんに行くことでも、確認は可能です。

この場合、アコムカードと合わせて免許証などの本人確認資料が必要です。

三つ目は、「打ち間違いを繰り返してしまった」。

会員番号および暗証番号の打ち間違いが何度か続くと、ログインできなくなります。

四つ目は、「サイトがメンテナンス中である」。

アコムの会員サイトは、毎週月曜日の午前1時~5時まではメンテナンスの時間となっています。

その時間帯はサイトが使えなくなるので、当然ログインもできません。

ちなみに、この時間帯以外にもメンテナンスが行われることもあります。

に投稿

キャッシングが手軽になっています

キャッシングの申し込みは、窓口での申し込みやファックスや郵送などでの申し込み、インターネットからの申し込みも出来るようになっています。

電話での融資相談もありますので、自分が融資可能かどうかの審査を電話で聞いてみるというのも、一つの手ではないかなと思います。

窓口まで出向かないでも良い、というのが今のキャッシングの最大の利点なのかもしれませんね。

それぞれの人に合わせた申し込み方法を利用するようにしましょう。

申し込み方法によって、使えるようになる時期も変わってきますので、
急ぎの方はインターネットからの申し込みが一番早い審査になると思われます。

ネット申し込みは、店舗に行く必要もなく、条件によっては即日融資ということも可能になっています。

モビットでの借り入れの場合は、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っている人ならば、最短3分で振込してもらえます。

大手銀行のATMからの引き出しが可能ということで、安心感が出てきますし、大手銀行カードならばほとんどの人が持っていると思います。

新しくカードを作るという時間が短縮されるために、早く融資が出来るようになっているのですね。

モビットの利用限度額は1万円~500万円となっています。

金利は4.8%~18.0%となっています。

利用する時は、計画的に利用しましょうね。

に投稿

質屋を利用しても信用情報には残らない

消費者金融などでキャッシングをする場合には、信用情報に影響があります。信用情報によってローンなどさまざまな影響がでるものです。

質屋を利用する場合にはそういった心配はありません。

質屋に関しては、キャッシング、ローン、クレジットなどの利用履歴に残るような記録をとられるものではありません。

質入したとしても、そちらの情報には載らないようにもともと法律上規定がされていますし、信用情報がなくても

質がありますので、お金の担保的な部分としては、信用情報がなくても物だけで十分に保証がされているから問題ないのです。

なので、ローンやクレジットのことについては心配することなくお金を借りたいときには質屋を利用してみてもよいということなのであります。

に投稿

アイフルのカードローンで即日借り入れするための注意点

アイフルの便利なカードローン商品であるキャッシングローンは、学生や主婦、パートやアルバイトでも契約ができますし、即日借り入れに対応している利便性の高い商品となっています。そんなアイフルのキャッシングローンを利用して即日借り入れを実現するために注意しておきたい点について、具体的に解説をしていきます。

・インターネットから申し込みを行う

24時間365日、パソコンやスマートフォンなどから申し込みができる、インターネット申し込みを行うことが即日借り入れを実現するための近道となります。インターネットから申し込みを行い、契約手続きを店頭窓口で行うという流れが最も合理的かつ短時間で契約ができる手段となっています。

・フリーダイヤルへ電話をかける

インターネットから申し込みを行った後は、アイフルのフリーダイヤルへ電話をかけて、急いでることを伝えることが重要になります。この電話をかけることで、優先的に審査を進めてもらうことができるのです。

・契約書類を用意しておく

審査通過の連絡を受け取ったあとは、有人店舗若しくは無人店舗へ来店して手続きをするか、インターネットで振込融資の手続きを行う必要があります。いずれの場合も本人確認書類などの契約に必要な書類を準備しておくことで、スムーズに契約締結手続きを済ませることができます。

に投稿

利便性が高いだけじゃない!ネットキャッシング以外の楽天銀行スーパーローンのメリット

ネットキャッシングをする事が出来る銀行カードローンと言えば楽天銀行スーパーローンが挙げられますが、ネットキャッシング以外にもメリットになる点が多いです。そこで楽天銀行スーパーローンでキャッシングするとネットキャッシング以外でどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

・消費者金融より低金利

消費者金融は上限金利が18%で設定されているので高金利というデメリットがあります。それでキャッシングをする時は気を遣う事が多くなってしまいます。しかし楽天銀行スーパーローンは上限金利が14.5%で設定されているので消費者金融より大幅に低くなっています。低金利でキャッシングをする事が出来る点がメリットになります。

・24時間借り入れをする事が出来る

銀行カードローンで借り入れをする時はATMの営業時間内や振込キャッシングが可能な時間帯に限られてしまいます。しかし楽天銀行スーパーローンは24時間いつでも振込可能となっているのでホームページから融資の依頼をすると指定している楽天銀行の口座に振込をしてもらえます。昼間だけでなく深夜でも借り入れをする事が出来るので助かるという声もよく聞かれます。

楽天銀行スーパーローンでキャッシングするとネットキャッシング以外でもこのようなメリットがあるのでオススメの銀行カードローンです。

に投稿

計画的に使えばキャッシングはとても役に立ちます

一般的によく言われていることですが消費者金融のキャッシングは計画的に利用することが大切です。借入利率は銀行のものより少し高くなっている消費者金融のキャッシングですが計画的に利用することを心掛けていけば利息の返済に困ることもありません。

私たちの生活に大いに役立ってくれるとてもメリットのあるサービスだと思います。まず消費者金融は私のような非正規雇用で働いている者でも利用することができます。非正規雇用で働いていると銀行のキャッシングに申し込みをしても審査で断られてしまう場合が多いと思いますが消費者金融であればアルバイトやパートで働いているひとでも審査に通ることは可能となっています。

申し込みもパソコンやスマートフォンからでもできますのでお店に入りずらいと感じる方にとっても利用しやすくなっています。借入利率の上限は各社ともおおむね18%ほどになっています。銀行よりは高いのですが18%というのは年率ですので返済期間を短くすればそれだけ利息は安くなります。

例えば生活費を補填するため3万円を年率18%で借りて20日後に全額返済したとすると利息は約295円となります。返済に頭を悩ますほど大きな金額ではないと思います。借入れ額をできるだけ少なくして返済期間も短くできれば利息はもっと小さくなります。

このように使い方に気を付ければ消費者金融は本当に便利に利用できる金融機関だと思います。正規雇用の方も非正規雇用の方もお金のことで悩んだら消費者金融の利用を考えてみても良いと思います。

に投稿

おまとめローンを利用してローン管理の手間を軽減

多重債務の返済に苦しむ方の強い味方になってくれるのがローンを一本化するための専用プラン「おまとめローン」です。

おまとめローンとはその名の通り複数の借り入れをまとめて債務を一本化することができるローンです。債務を一本化することでローンの返済負担を最小限におさえ、無理の無い範囲で返済していくことを目指します。

おまとめローンを利用すると、まずは現在の債務総額に相当する分の金額を借り入れ債務を一括で返済します。返済完了後はおまとめローンからの借入金の身を返済していけばいいので、バラバラの返済手続きを続ける必要が無くなり事務負担や作業負担を軽減することが可能になります。

多重債務に苦しむ人にとっては返済金の工面も一苦労ですが、返済するための手続きの手間もばかになりません。バラバラに設定された返済期限日までに決められた金額を用意しなくてはいけませんし、返済先の金融機関も異なりますから個別に異なる手続きで返済する必要があります。

おまとめローンを利用すればローンの返済窓口は一本化されますから返済期限は一日の身になりますし、手続きも一種類だけで済むようになります。返済日を忘れて遅延が発生してしまう、というリスクも最小限に抑えられますから金融事故の危険も減少します。

おまとめローンを利用したからといって元の債務が減少するわけではありません。しかし、債務返済に伴う手間は大いに軽減されますから、真面目に返せばきちんと返済可能な収入がある方にはオススメのローンプランです。

に投稿

キャッシングの返済はカレンダーでチェック

我が家は夫婦でキャッシングの残債があり、今はゆっくり返済している最中です。とにかくうっかりしやすいことと、銀行に常にお金を入れているような余裕は無いので夫婦でカレンダー管理するようになりました。特に複数の会社から借りている方はごちゃごちゃしがちなので、タスクリストもおすすめですよ。

他にはスマホのアプリも利用しています。リマインダーで前々日の金融機関営業日に通知が来るように設定しているので当日面倒で行かなくても翌日までの余裕があるのでイライラしにくくなりました。他にはクラウドのドキュメントも良いですね。返済計画のワードと、入金日をまとめたエクセルを夫婦でいつでもどこでもチェックできます。おかげで返済日を忘れることがなくなりました。

に投稿

キャッシングは限度額に注意しよう

キャッシングには限度額というものがあります。

これは「借り入れをできる最大の金額」で、この金額までであれば、繰り返し何度でも利用することができます。

しかし、限度額まで借り入れをしてしまうと、いうまでもなく、金利も多く払わなくてはなりません。

キャッシングを利用する時は、どうしても「念のため」などと、多く借り入れをしがちなものです。

そのため、借り入れをするときは必要な金額だけを借り入れする習慣をつけることをおすすめします。

キャッシングやカードローンは、とても便利なものです。

しかし使い方によっては、あとから返済が大変になってしまうこともあるものです。

そうならないように注意して利用することをおすすめします。

に投稿

消費者金融の審査って、どういう内容?

消費者金融で契約する際に必要となるのが、「審査」です。

審査を通らなければ、契約することも、借り入れをすることもできません。

それでは、この審査とは、どのような内容なのでしょうか。

実は、この「審査内容」は各社とも非公開です。

しかし一般的には、

・収入

・勤続年数

・居住年数

・勤務先名

・持ち家か賃貸か

・過去の借り入れについて

・他社での借り入れ情報

などが関係しているといわれます。

そこで審査を通すためにと虚偽の情報を報告するのはNGです。

虚偽の情報で契約しようとする事は審査落ちにつながってしまうといわれています。

そのため、消費者金融で契約をする際には、きちんと確認をしたうえで、正確な情報で申し込みをしましょう。

に投稿

キャッシング審査に落ちてしまう理由

消費者金融での融資を受ける時に、必ず必要になるのが審査です。この審査に合格しないと融資を受けることができず、惨めな思いをしてしまいます。申し込みにおいて安定した収入、住所などの個人情報はきちんとしていないと、審査が通らないことがあります。

引っ越しを繰り返している、今現在で仕事をしていない、個人情報に誤りがある、また過去において借金の滞納などの記録が残っていたりすると、厳しい結果が出てしまうかもしれません。大手の消費者金融の業者では、クイック審査のように、ホームページで審査が通るかどうかの見極めができるセルフでのチェック部分がありますので、そうしたところで自分が審査を通過して融資を受けられるかどうか確かめることができるでしょう。

に投稿

キャッシングは思ってる以上に簡単に出来ます。

キャッシングやローンでお金を借りる事は思ってる以上に簡単に出来ます。自分は銀行のカードローンやフリーローンを使っています。所謂消費者金融のローンは使った事は有りませんが、別に消費者金融を嫌っている訳では有りません。銀行からの借入で間に合っているので使わないだけです。

手続きについては最初にインターネットで情報を仕入れて電話で申し込みをしました。カードローンの方は借入限度額が少なくて少し不満を持ちましたが、フリーローンの方は思ったよりも多く借り入れが可能でした。審査は収入や勤務先について訊かれた程度で特に困るような事はありませんでした。

フリーローンの方は1週間程度日数がかかりましたが、カードローンの方は3日程度で借り入れが可能になりました。便利に使っていますが返済はキッチリやるようにしています。